管理人が二年前から節約貯金の目的で活用している楽しいポイントサイトです。

FLASHのプラグインをダウンロードしてください

若者に人気のFX、ガソリン節約カードはげん玉で作った方がとくをします。

げん玉 (1)げん玉って何?をまず読んで下さい(当サイトから多数紹介)
(2)オンラインゲームのウェブマネーが簡単にゲット可能
(3)広告を閲覧・利用でポイントが貯まります
(4)貯めたポイントを現金・ウエブマネー・EDYに交換します
(5)ウエブマネー経由でハンコイン購入や音楽ダウンロード可能
(6)楽天市場でのお買物にちょっと有利なポイントサイトです。

スポンサーサイト

このブログの順位? 富山ブログ情報 ブックマークに追加する --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 ブログパーツ

楽天キャッシュとは何|メリットとデメリット

このブログの順位? 富山ブログ情報 ブックマークに追加する 2008/03/03(月)

「楽天キャッシュ」
「楽天キャッシュとは」
「楽天キャッシュ メリット」

こんな感じで検索されてくる方が増えてます。

楽天キャッシュとは皆様ご存じの楽天が2008年2月に誕生させた新しい電子マネーです。これで覚えなくてはならない電子マネーがまた1つ増えてしまいましたよね。

電子マネーですけど、他の電子マネーとはちょっと異なった性格を持つと思います。これはギフトのために使われる事を想定している電子マネーです。

お歳暮とかお中元にJCBとかのギフトカードを贈られる場合があると思います。これと同じようにネット上で知人や友人に楽天キャッシュを贈る事が出来るのです。

この点が、従来の楽天スーパーポイントとの違いです。

受け取った方は楽天スーパーポイントと同じように楽天のサービスで楽天キャッシュを使用する事が出来ます。ギフト券の電子マネー版って事になりますね。

もう1つの特徴として楽天スーパーポイントは現金には出来ませんよね。(裏技は抜きにして)

でも楽天キャッシュの場合であれば現金に換金する事も可能になります。つまり、飲み代の割り勘分を後でネットで支払いたい場合に気軽に行えるようになるわけです。

他府県の友達と同窓会で会い、その後二次会、三次会と参加したところ持ち合わせが足りなくなり、借りてしまった場合とか銀行振込みで支払うのは相手の口座番号を知らないと出来ないので面倒ですが、このサービスを利用すればメールアドレスさえわかればOKなんです。

あと、メリットとしましては、楽天市場の商品を購入する際にクレジットカード使用不可のお店がたまにあると思います。

その場合、現金支払いをしなくてはならないので、代引きを利用したり、コンビニや銀行振込みをわざわざしなくてはならないので面倒ですよね。

こんな時は、楽天キャッシュを購入して支払うようにすれば解決できるわけです。私はこれと似たような別の裏技を既に知ってますが、知らない方には裏技的に使えるかと思います。

ちなみに私が用いている裏技はウェブマネーです。

私はイーバンク銀行から直接ウェブマネーを購入したり、あるいはポイントサイトで貯めたポイントをウェブマネー交換しておいたものをウェブマネーウオレットと呼ばれるお財布機能を利用してある程度の金額のウェブマネーを保持しています。

もともと趣味のオンラインゲーム料金の支払いのためにプールしてあるのですが、実はウェブマネーは楽天スーパーポイントに交換する事が可能です。

そこで、クレジット決済できない商品を楽天市場で買う必要があった場合にはこのルートを利用して必要な分の楽天スーパーポイントを調達して支払ってます。

楽天キャッシュが誕生した事でこんな事わざわざしなくても楽天カードで楽天キャッシュを購入すれば良いわけですね。

ウェブマネーから楽天スーパーポイントに交換する際には最大で3日(経験的には1日)かかりますのでスピードが早くなった分だけやはり重宝致しますね。

さて、メリットばかりではありません。デメリットも書いておきましょう。

一番大きなデメリットは購入、ギフト、(換金も多分そう)にそれぞれ手数料がかかる点です。ただし購入に関しては2008年4月末まで手数料無料です。

要するに、業績の立て直しが必要な楽天カード事業をテコ入れするために導入するのだと思います。楽天キャッシュの導入により楽天カードの稼働率を上げる事、手数料収入を増やす事が目的でしょう。

手数料がかかる点がデメリットです。でも、ギフト券を郵送する際にも費用はかかりますし、もらったギフト券を金券ショップに換金に行った場合には額面から割り引かれるわけですから、損とまでは言い切れませんね。

また、友人、知人間の送金機能につきましても同様のサービスがイーバンク銀行のメルマネがあるのですが、送金先の方がイーバンクに登録していない場合手数料105円がかかります。

楽天キャッシュの場合であれば、送金(現金じゃないですけど)手数料がメルマネの半分の52円で済みますしわざわざ銀行口座を作る必要もないわけなので使い方によっては便利ですね。

楽天キャッシュを購入するためには東京都民銀行楽天支店の口座か楽天カードが必要です。実質楽天カードが必須と言えますね。

◆ 楽天キャッシュのまとめ ◆

(1) ギフト券の電子マネー版である。
(2) 受取人は楽天市場のお買物をしたり、換金できる。
(3) 楽天カードで楽天キャッシュを購入する。(手数料は5月以降2.5%)

ギフトに友人間の飲み代の割り勘分の支払いに使える。
クレジットカード利用不可の楽天のお店でも買い物に使える。

楽天カードを作れば2000ポイントもらえるのでこの際楽天カードを作るのも良いでしょう。楽天のカード事業が苦戦しているのはポイント還元率が高いからなんですよね。

つまり使う側から見れば他カードよりもとくだと言えますね。

楽天カードで2000ptゲット

2008/03/03 ポイントサービス コメント:2 ブログパーツ


新着記事 全記事一覧

このコメントは管理者の承認待ちです

2010年04月10日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2011年05月30日 編集












管理者にだけ公開する

<< リアルワールドサービスが正式リリース|げん玉単独から総合利用へ | HOME | KARUWAZAカードでガソリン代の節約|宇佐美石油直営店 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。