管理人が二年前から節約貯金の目的で活用している楽しいポイントサイトです。

FLASHのプラグインをダウンロードしてください

若者に人気のFX、ガソリン節約カードはげん玉で作った方がとくをします。

げん玉 (1)げん玉って何?をまず読んで下さい(当サイトから多数紹介)
(2)オンラインゲームのウェブマネーが簡単にゲット可能
(3)広告を閲覧・利用でポイントが貯まります
(4)貯めたポイントを現金・ウエブマネー・EDYに交換します
(5)ウエブマネー経由でハンコイン購入や音楽ダウンロード可能
(6)楽天市場でのお買物にちょっと有利なポイントサイトです。

スポンサーサイト

このブログの順位? 富山ブログ情報 ブックマークに追加する --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 ブログパーツ

暑中見舞いの時期と文例

このブログの順位? 富山ブログ情報 ブックマークに追加する 2008/07/09(水)

暑中見舞いの時期になりました。

年賀状とは異なり、出す人が少ないので受け取った相手の方もしっかりと目を通す場合が多いそうです。

年賀状の場合は儀礼的にお付き合いで惰性で出しておられる方が多いと思いますが、暑中見舞いの方は本当に出したい方だけに書式にとらわれずに書くのが良いそうです。

一応、文例集のような物も出回ってはおりますが、それじゃぁ、年賀状と同じであまり出す意味がないかなと私は思います。



時期について・・・

暑中見舞いを出す時期は7月7日~8月7日までとされております。ただし、「暑中」であるわけですから、梅雨明けを待ってから出す方が良いでしょう。

8月7日を過ぎてしまった場合は暦の上では立秋となり秋となりますが、気温はまだまだお彼岸までは残暑がきつい日々が続きますよね。

そのため、立秋以降は残暑見舞いとして出せば良い事になっております。内容は同じです。暑さを見まい、相手の健康を気遣う事、自分の近況を伝える事で良いのではないでしょうか?



文例について・・・(フリーで良いですよ)

(1) 季節のあいさつ

「暑中お見舞い申し上げます」・・・定番中の定番
「酷暑の候、ご機嫌お伺い申し上げます」・・・・ちょっと固い表現

(2) 相手の安否を気遣う、自分の近況を伝える

「炎暑ことのほかきびしい中、皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。」・・・一般的

「炎暑ことのほかきびしい中、○○先生もお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。」・・・恩師に対して

「私の方も特に変わりなく家族みな健康で過ごしております。」・・・近況を書きましょう。

「まだまだ暑い日々が続きますがくれぐれもご自愛なさって下さい。」・・・書くスペースが余っていたら・・・

(3) 日付

「平成20年 盛夏」・・・具体的な日付はいれないのが普通です。残暑見舞いの時は盛夏ではなく晩夏が良いですね。

2008/07/09 日々雑感 コメント:0 ブログパーツ


新着記事 全記事一覧












管理者にだけ公開する

<< 子供の歯科矯正が完了致しました。|1年3ヶ月かかりました | HOME | 可愛いシュシュでまとめ髪にアクセント >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。