管理人が二年前から節約貯金の目的で活用している楽しいポイントサイトです。

FLASHのプラグインをダウンロードしてください

若者に人気のFX、ガソリン節約カードはげん玉で作った方がとくをします。

げん玉 (1)げん玉って何?をまず読んで下さい(当サイトから多数紹介)
(2)オンラインゲームのウェブマネーが簡単にゲット可能
(3)広告を閲覧・利用でポイントが貯まります
(4)貯めたポイントを現金・ウエブマネー・EDYに交換します
(5)ウエブマネー経由でハンコイン購入や音楽ダウンロード可能
(6)楽天市場でのお買物にちょっと有利なポイントサイトです。

スポンサーサイト

このブログの順位? 富山ブログ情報 ブックマークに追加する --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 ブログパーツ

老後を海外で暮らすには?

このブログの順位? 富山ブログ情報 ブックマークに追加する 2008/05/15(木)

老後を海外で暮らす方が年々増えているそうです。

確かに、日本の社会保障や年金の現状を見ていると、日本よりも物価水準が低くて生活しやすい国に移り住みたいなって憧れる気持ちは分からなくてもないですよね。

私の知人も以前コスタリカに行ってしまわれました。その後元気でお過ごし下さっていると良いのですが・・・

そこで、実際はどんなもんかなと調べてみました。

海外移住と言っても、日本の年金をもらいながら海外で暮らすためにロングスティ形式を用いている方が多いようです。

また、観光ビザでロングスティする方法と、年金受給者ビサ(正式名称は分からず)のような物を取得して永住モードに入る方法があるようです。

ただし、事前に指定された金額の預金が必要になる場合もあるようです。この辺りの事情は移住先の国によって対応がまちまちのようです。

気になる生活費の方は現時点で日本国内で生活するよりも半分以下のケースが多いようです。(ユーロ高となったヨーロッパ諸国は同額程度)

これも、現時点でですね。私が子供だった頃に海外の生活費を調べた事があったのですが、その時は日本の10分の1以下の国が多かったです。

つまり、日本との格差は徐々に縮まっているんじゃないかと思います。私が老後の生活を考える頃にはもっと縮小しているかもしれないですね。

老後を海外で暮らす事を真剣に考えている方は円ではなく、ユーロ建てで預金を行った方がよいかと思います。

現在、人気が高いのはオーストラリア、ニュージーランド、ハワイだそうです。

ニュージーランドはとてものどかで穏やかな国だそうですね。私が老後を海外で暮らす事を真剣に検討するのであれば・・・

(1) 親日国である。
(2) 医療がある程度整っている
(3) 生活費が日本よりも安い

の3点だと思います。個人的には現時点ではタイが良さそうだと感じています。メイントとなる宗教も日本と同じ仏教中心ですし、反日感情がない国ですし・・・

とりあえず、日本で老後を暮らせるだけの資金を頑張って貯めてから検討しようと思います。とりあえず資産の3分の1は外貨預金ですね。

2008/05/15 日々雑感 コメント:0 ブログパーツ


新着記事 全記事一覧












管理者にだけ公開する

<< アールズガウンのドレス|披露宴から二次会までのパーティドレス | HOME | お誕生日のプレゼントにちょっと変わった体験型ギフトを贈りましょう >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。