管理人が二年前から節約貯金の目的で活用している楽しいポイントサイトです。

FLASHのプラグインをダウンロードしてください

若者に人気のFX、ガソリン節約カードはげん玉で作った方がとくをします。

げん玉 (1)げん玉って何?をまず読んで下さい(当サイトから多数紹介)
(2)オンラインゲームのウェブマネーが簡単にゲット可能
(3)広告を閲覧・利用でポイントが貯まります
(4)貯めたポイントを現金・ウエブマネー・EDYに交換します
(5)ウエブマネー経由でハンコイン購入や音楽ダウンロード可能
(6)楽天市場でのお買物にちょっと有利なポイントサイトです。

スポンサーサイト

このブログの順位? 富山ブログ情報 ブックマークに追加する --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 ブログパーツ

保有する全株式が含み益の状態です

このブログの順位? 富山ブログ情報 ブックマークに追加する 2011/01/12(水)

株で含み損を抱えた状態のまま我慢して保有する事を塩漬けと言います。

株式投資を長く続けている人ならばほとんどの場合塩漬け銘柄の1つや2つは持っているのが当たり前です。私の場合は下がっている株を底値狙いでコツコツと買い下がる投資手法を好むために買い始めの株はほとんどの場合含み損からスタートします。

その後、どこかでコツンと底打ちし、やがて平均買値を株価が上回った時点で含み益(砂糖漬け)の状態になるわけです。たまに、株価の底打ちの時期を見誤ってどれだけ買い増ししても株価が下がり続ける場合には大損を避けるために止むなく損切り(ロスカット)する事もあります。

そんなわけで、私が短期的に含み損銘柄を所有している事は日常的にあるのですが、実は、現在私が保有する株式はその全銘柄が含み益状態です。

こんな事は長い投資人生でそうあるものではありません。

昨年の12月から本日までの間にポートフォリオを少しずつ修正してましたので買ったばかりの銘柄も複数あるのですが、どれもこれもすぐに上昇してしまいました。

利益確定売りを行った銘柄もその後さらに上がり続けてます。乗り換えた銘柄も上昇中です。つまり、何を買っても勝手に上がる状況です。

昨年の4月にも似たような時期があったのですが、あの時はそれでも含み損銘柄を多少は抱えておりました。つまり下がったまま全然上がらない銘柄が存在していたのですが今年はほぼ全銘柄が上昇しております。

つまり、日本株全体の底上げが始まっているのです。やはり、今年は数年ぶりに株価が一斉に上がる年なんじゃないかと感じています。

唯一心配なのは、投資雑誌やニュース等で2011年は株高だとする記事がとても多い事です。みんなが強気になると株は逆の動きをする事が多いのですよ。その点がとっても心配なわけです。

ただ、現在の日本株市場は外国人買いが中心で個人は売り越しが継続中なのだそうです。おそらく、安値を根こそぎ外国人投資家に買われてしまった後である程度株価が上昇してから個人が買い越しに転じ、外国人投資家に利益確定の場を提供してしまうのでしょうね。

下がって弱気、上がって強気では相場では絶対に勝てません。

スーパーで98円のレタスを買わずに、天候不良で398円に値上がりしたところで買うようなものですから。

先日、私が話題にした銘柄群もここ一カ月で上昇してしまった銘柄が多いです。特に一番強気だったインフレ銘柄のワキタはここ一週間ぐらいで20%近く上昇しております。ワキタは今でもまだまだ割安だとは思っておりますが、あの頃はとても信じられない不当な安さだったわけです。

有利子負債がほぼ0で、現金100億円以上持っていて、会社の保有全資産が600億円ぐらいある企業が120億円ぐらいの価値でしか評価されていなかったわけです。

予想配当利回りも5%に達しておりました。仮に購入後株価が全然上がらなくてもずっと5%の配当をもらいながら買い増しする楽しみもありました。

現在はその後の株価の急騰により予想配当利回りは3.5%程度に低下しております。それでも、会社の保有する資産価値から考えるとまだまだ安い状態ではありますね。また、本業の方も回復しており、今後、増配する期待もあると思います。

そんなわけで、株価は上昇しておりますが、まったく利益確定をせずにほったらかしで持続しています。

インフレに相当強い銘柄ですのでできれば、じっと持続したいのですが、あまりにも急激に上がるとつい利益確定売りしたくなるのが人情ですね。

今から、日本株を買いたい人はまだそれほど上がっていないデリカフーズとか伊藤園優先株なんかが良いのではないでしょうか?

両銘柄ともに4.8%前後の高い配当利回りとなってます。

デリカフーズは昨年立ち上げた新工場の規模があまりにも大きすぎたために新工場立ち上げのための諸費用が計画以上にかかってしまった事と、昨年の猛暑により野菜の仕入れ値が上昇したために今期の業績が悪く株価が他の銘柄よりも低迷しております。

新工場については、今年、来年と効率的に改善されると思いますし、昨年のような野菜の不作がなければ業績面でも来期は回復するのではないでしょうか?

そうなる前に安値で仕込むのが吉だと考えております。

2011/01/12 株式・FX投資 コメント:0 ブログパーツ


新着記事 全記事一覧












管理者にだけ公開する

<< ニュージーランドドルに投資を開始します | HOME | 最新株式ポートフォリオ(42銘柄) >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。